本文へ移動

2013年3月

2013年 3月

RSS(別ウィンドウで開きます) 

 アメリカ100ドル紙幣

2013-03-04
クリックして拡大
クリックして拡大
 数年前に両替したとき、このお札は12,000円の価値がありました。その後、あれよあれよという間に円高が進んだため、使わないでそのまま財布にしまっておいたら、一昨年秋にはなんと7,600円となってしまい・・・アララ。しかし、このたびは、アベノミクス効果か3月1日時点では9,300円!こうなったら、もう少し使わないでおこうか?なんて考えはワタシだけだろうか?
 ところで、週末にハメを外し過ぎた?ので、今日は少しまじめな話をしようと思い100ドル札を引っ張り出してきました。アメリカの100ドル紙幣のこの顔、ベンジャミン・フランクリンは、凧を用いて雷が電気であることを証明したことでも有名ですが、おそれ多くも第2代アメリカ大統領!
彼の言葉は、「時は金なり」「塵も積もれば山となる」「天は自ら助くるものを助く」など良く知っている格言がたくさんありますが、その中でも、私たちに教えられる今日の言葉はコレです。
  『仕事を追え、仕事に追われるな!』 (Drive thy business,let it not drive thee!)
仕事がうまくいかない理由を、人のせいにしたり、忙しいからとか言い訳をしたり、期限ギリギリになってから慌てて仕事に追われたり・・・。そう、やらされているのではなく、言われるのを待っているのではなく、自らの意思で仕事を切り開く先取りの精神が、この言葉への思いを感じます。  

つるし雛

2013-03-03
手作りのひとつひとつが縁起もの
柳津七日堂裸祭りを模した猿っ子たち
「招き猫」もみぃつけた!
 今日は、いわずと知れた雛祭り。しかしちょっと変わったお雛さま『つるし雛』が飯野町を超元気にしています。もともとつるし雛は、江戸時代から伝えられていて子や孫の成長を願う、やさしく、暖かい心をこめた風習で、福岡/柳川、山形/酒田、静岡/稲取が日本三大つるし雛祭りとして有名です。材料は、古布やハギレなどでひとつひとつ手作りされた形はすべて意味があるそうです。たとえば、セミ=良く鳴いて元気に育つように、ぞうり=足が丈夫になるように、猿っ子=厄や災いが去るように、とうがらし=虫除けの効果があることから、娘に悪い虫がつかないように・・・etc.
 3月3日は、福島市の震災復興イベントの一環として、飯野商店街通りは、am10時〜pm4時まで「歩行者天国」となるそうです。日頃仕事でお忙しい皆様も、目の保養と心の充電に、飯野町にお出かけしてみてはいかがですか?                            

桜肉・・・

2013-03-02
桜刺し
こづゆ
起き上がり小法師
 会津の誇りを胸に乙女の信念を貫いたハンサムウーマン山本八重を描いたNHK大河ドラマ『八重の桜』が大ブーム。そして、八重ゆかりの地の味覚といえば“馬刺し”、“こづゆ”、“日本酒”でありますが、今日の〇〇宴会は、まさにコレッ!最高でした!
 そもそも馬肉が“桜肉”と呼ばれる由来には諸説あり、馬刺し肉をカットして空気に触れた時に綺麗な桜色になるからという説がひとつ。そして桜の咲く頃が一番おいしいからという説。つまり夏の青草ばかりを食べた馬の肉は水っぽくてうまみがなく、逆に冬の間に干し草や穀類を食べ、肥えて脂がのった肉は美味しい・・・ということです。また江戸時代は、仏教の影響で殺生には厳しく、獣肉を公に食べることができなかったために隠語を使ったとのことで、この“桜”だけでなく、猪肉を“牡丹”、鹿肉を“紅葉”とも呼ばれています。そして、馬肉は低カロリー高たんぱく食品として近年注目され、鉄分やグリコーゲンが多く含まれているので貧血や肝臓機能の増強にも効果的。必須アミノ酸を非常に効率よく含まれる健康食品なのです。さあ、宴のあとは、会津の民芸品“起き上がり小法師”のごとき粘り強く、心身ともに健康で、この3月期をがんばって乗り切りましょう!  

中野不動尊?

2013-03-01
クリックして拡大
クリックして拡大
クリックして拡大
  中野不動尊の水修行を参拝してきました。25名の善男善女が滝つぼに入り、勢いよく流れ落ちる滝に打たれ、水の冷たさに耐えながら、一心不乱に般若心経を唱え、震災復興や無病息災・家内安全を祈願している姿が、非常に印象的でした。
 そして沢山のアマチュアカメラマンがごった返す中、不謹慎とは思いつつ、あたりを見回すといろんなものを発見!撮影することが出来ました。写真左から“(メインの)水修行の様子、“象の鼻”、“珍しい冬の蜘蛛さん”。そういえば今日3月1日は芥川龍之介の誕生日、生誕121周年という。あまりにも有名な小説『河童(水修行の善男善女には大変失礼かもしれないが)』、『鼻』、『蜘蛛の糸』となぜかつながる・・・。                        

株式会社福島県北機械
〒960-8043

福島県福島市中町4番8号
TEL.024-523-1295
FAX.024-521-0808
───────────────
1.機械工具販売
2.
精密機械加工
───────────────

TOPへ戻る